TOPへ

薬物乱用頭痛(頭痛薬を飲んでいるのに頭が痛い)

薬物乱用頭痛について

薬

「薬物乱用頭痛」とは頭痛薬を飲みすぎることで、頭痛がひどくなったり慢性化したりする病気です。頭痛薬を使い続けると脳が痛みに対して敏感に反応し、頭痛の回数や強さが増えて症状がひどくなります。
頭痛薬が原因だと気づかないと、頭痛薬の飲む量が増えてしまい、お薬による効果がさらに感じにくくなります。頭痛薬を1か月に10回以上飲んでいる方は特に薬物乱用頭痛になっているのかもしれません。
頭痛持ちの中でも特に薬物乱用頭痛になりやすいのは、片頭痛や緊張型頭痛を抱えている方です。医師から処方された痛み止めでも起こることはありますが、市販の痛み止めによって発症するケースが多いです。

以下の症状に心当たりはありませんか?

  • 頭痛が月に15日以上続いている
  • 痛み止めを月に10回以上も服用している
  • 痛み止めを飲んでも頭痛が治らない
  • 痛み止めを飲んでいるのに頭痛がひどくなる
  • 朝起きた時から頭痛がある
  • 頭痛の度合い・痛む部位などが変わった
  • 毎月、数回程度の片頭痛があるので痛み止めを服用し始めた
  • 重度の頭痛を経験したので、予防としてつい市販の痛み止めを飲んでしまう

まず、痛み止めには色々な成分が含まれています。その中には「カフェイン(無水カフェイン)」という成分があります。カフェインは多くの市販の痛み止めに含まれている物質ですが、摂取量が多くなると薬物乱用頭痛が起こりやすくなります。痛み止めを多く飲んだ場合はお薬そのものの危険性より、カフェインの過剰摂取が問題視されます。
なお病院で処方される痛み止めでしたら、カフェインの過剰摂取が避けられる可能性が高くなります。

どうやって診断と治療を行うのか

患者様の症状や変化の様子、頭痛の種類や原因、飲んでいるお薬の種類や量などを問診で詳しく聞きます。薬物乱用頭痛だと分かりましたら、まずは服用しているお薬を飲むのを止めることが大切です。お薬を止めると「離脱頭痛」という強い頭痛が出ますが、それを防ぐために薬物乱用頭痛にならない別のお薬や予防薬をお出しします。
お薬を止めてから始めの1週間〜2週間のうちは辛いかもしれませんが、徐々に頭痛の回数や痛みは軽くなるのでご安心ください。
薬物乱用頭痛が治りましたら元々の片頭痛や緊張型頭痛などの治療へ移ります。薬物乱用頭痛は再発しやすいので、元の頭痛も専門医の治療できちんと管理することが必要です。

「頭痛が起こる回数が増えた」「どんどん痛みがひどくなった」という方はご相談ください

「薬物乱用頭痛」と聞くと、つい「違法薬物による頭痛」だと思ってしまうかもしれませんが、ほとんどはドラッグストアなどで手に入る頭痛薬によるものです。
頭痛が続く方は薬物乱用頭痛になりやすく、かかってしまうと、頭痛がさらにひどくなってしまいます。治療をしても再発する方も少なくありません。
薬物乱用頭痛は適切に治療してもらうことで改善できます。その後で元々の頭痛の原因も治療します。この病気は放っておくとさらにひどくなるのでお早めにご相談ください。

頭痛外来